楽園追憶

日々のオタクコンテンツの感想や、昔のpcゲーについての思い出を書くブログ

Aqours 4th LoveLive! 東京ドーム公演を観た

 Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~東京ドーム公演が2018/11/17〜18に参加してきた。

 

 ラブライブのライブは、ファンミなどの小規模ライブを除けばずっと参加している。今年もファンミは行かなかったものの、函館ユニットカーニバル、Aqours 3th LoveLiveを全日参加したが、今回のライブはとても思い出深いものになった(個人的にはあのμ'sの東京ドームラストライブ以来一番かもしれない)ので、つらつら感想を残したい。

 二日間終わったのでネタバレ全開になるのはご容赦いただきたい。

 あと、すでにday1の記憶が曖昧となりつつあるので、day1、day2混じった感想となる。いつもそうなんですが、ライブ中はすごく感動したりするのに、ライブ終わるとすぐに記憶が曖昧になっていくんですねよ…何でだろう。

  今回のライブ、day1は東京ドーム現地、day2は新宿ピカデリーでのライブビューイング。現地も好きだけど、やっぱり演者の皆さんの顔抜き映像(ありしゃの顔芸とか)がよく見えるのはライブビューイングだし、ライブ映像はカメラワークも見所の一つと思っている。

 実際、今回、カメラさんが優秀だったのかかなり楽しめたので、day1で生の雰囲気の中で色々なサプライズを体験した上で、day2ライビュで演者の方々のパフォーマンスやカメラワークをしっかり楽しめたのはとても良かった。「だからヨハネよ!」ピョン!のタイミングでカメラ映像がピョンピョンしてたのは最高でした。

 

 day1当日、楽しみというより何かふわふわとした気持ちで東京ドームに向かっていた。

 思い返せば前に東京ドームに来たのは、μ'sのラストライブ東京ドーム公演の時…なのだが、実はμ'sラストライブはドーム現地で観れていない。あまりにもプラチナチケットで手に入らず、現地の様子とフラスタだけを観て泣く泣くライビュ会場に向かったのだ。

 そんな思い出のある東京ドームなので今回こそは現地で観たかった。

 しかも、である。今回少し心配なこともあった。

 おそらくみんなそうだろうと思うが、Aqoursの今後のことである。

 μ'sは東京ドームでの公演がラストとなった。アニメ、映画で終わりに向けたストーリーづくりをし、その流れのままμ'sのラストライブ(解散はしていないが)…すごく綺麗に終わっていった。その最後に不満はもちろんないし、あそこで終わらなければ嘘だろうという流れだった。ただ、やはり寂しさや後ろ髪引かれる思いはずっとあった。

 そして、今回のAqoursである。

 アニメで華々しい優勝をとげてラブライブの歴史にその名を刻んだAqoursの役割は終わったとも言える。少なくともそういう終わり方だったし、三年生も卒業する。μ'sというラブライブの奇跡であり先駆者が作った道をそのまま進むのであれば…このまま終わりへの道を進んでいくのだろう…というのは想像に固くない。映画はまだあるものの、その映画の最後で、μ'sのようにAqoursのラストライブのことなど描かれようものなら…また寂しさと不安と楽しみのないまぜになった気持ちでラストライブを向かえなければならなくなる。

 つまり、心置きなく楽しめるだけのライブは今回が最後になるのかもしれない、そんな思いをつらつらと考えつつライブ当日を向かえた。

 

 さてライブ。

 day1東京ドーム、開始直後にまずびっくりしたのはオーケストラの劇伴だろう。ちょうどオーケストラ席が見えやすい位置にはいたのだが、まさかオーケストラだとは思わなくて演奏が始まるまで全然意識していなかったのだが、突然始まった演奏と、指揮者が加藤達也氏であることにびっくりして目を白黒させながら演奏を聞いていたが、ともかく素晴らしかった。そういえばサンシャインの劇伴は、オーケストラでしたね…。

 毎回何かに挑戦しているラブライブだが、東京ドームというビックな会場にふさわしい、ビックなサプライズだったと思う。ちなみにday1は現地だったこともあり、Aqoursとオーケストラのパフォーマンスを両方見るのがなかなか厳しかったのだが、day2ライビュでは劇伴演奏も映像でちゃんとみれたのは嬉しかった。

 

 「君のこころは輝いてるかい?」に続き「Step! ZERO to ONE」でスタート。序盤の盛り上げはさすがである。すでに結構な回数ライブをこなしているだけあり、お手の物だ。こっちもノリノリでついていく。

 「恋になりたいアクアリウム」(2日目は「HAPPY PARTY TRAIN」だった!直近のナンバリングライブのテーマ曲だったから外すかもしれないと思っていたいので嬉しい)から、学年別曲を1曲づつ挟む。ところどころ、劇伴のオーケストラ曲でAqoursの過去のあゆみを映像で振り返るという演出もにくい。息もつかせないとはこのことで、こっちは集中して聞き逃すまいと大変だ。

 そして「想いよひとつになれ」。

 りきゃこがピアノの前に座り、「お、またりきゃこのピアノを披露か??」と思わせてからの、序のみピアノを弾いて止まった時は「え?まさか」とドキドキさせつつ、他の8人に合流…という流れは、あの初披露2日目のアクシデントのドキドキ感までをも計算に入れた見事な演出。いや、これ考えたの誰だよ、天才か。エモすぎる。

 オーケストラの登場の時にも思ったが、ここで「今回のライブはなんか違うぞ」と確信した。今やれることは全てやっていこう!という気迫みたいなものをビシビシ感じた。

 その後、クリスマスソングという季節感溢れる展開は素直に嬉しい。

 自分、季節イベント曲大好きでμ'sでも「もぎゅっとloveで接近中」とか「snow halation」とかが大好きだった。季節感あふれる曲には、気持ちをスッと取り込む不思議な雰囲気があって、心がぴょんぴょんする。最高に楽しい。 

 あのお船Aqours shipというらしい)にはびっくり。いや、大道具すぎでしょ!と思いながら、噂に聞く水樹奈々のライブとかではあの程度の大道具は日常茶飯事なんだろうなぁ…などとどうでもいいことを考えていた。演出というか道具が、ほんとライブというよりはミュージカルめいてきたなと。ライブパフォーマンスというのも頷ける。

 ぶっちゃけ、船が出てきたとき、爆笑してしまった。だが、曲が始まってAqoursのみんなが船の上で歌い出したらしっくりきた。東京ドームというか、Aqoursのパフォーマンスには、もうこのくらいの大道具があってもいい。そのくらい、彼女たちのパフォーマンスの迫力は大きくなっている。

 

 MY舞★TONIGHTの衣装はともかく綺麗で素晴らしかった。

 μ'sの時もそうだったが、ラブライブの和物ロックはほんとに曲もビジュアルもハズレがない。衣装の艶めかしさと、曲の格好良さが最高にマッチしている。

 そして、ありしゃ。何と言っても、ありしゃである。ジャパニーズ芸者、最高。ありしゃ、最高(語彙貧)。ありしゃの美麗さにともかく圧倒されていた。いや、曲も最高だったよ?うん。

 

 Aweiking the powerはともかく爆盛り上がりだった。曲とダンスのパフォーマンスだけなら、ライブでも一番のクオリティだったのではないだろうか。それほどの出来だった。saint aqours snowはやっぱサイコー。

 MCではリアちゃんの佐藤日向がガチガチで、こっちまでドキドキしてしまったが、2日目は少し余裕があるようだったので安心した。ボソリと「ちょっと足りない(歓声が)」とツッコミを入れた時は、緊張しつつもこの舞台を盛り上げようという気持ちを感じて頑張れ!と言いたくなってしまった。

 

 最後のMCは今回特に印象的だった場面だ。

 みんなが次のことについて堂々と話をしていたのが何より嬉しかったのもあるのだが、全体的にAqoursのみんなから感じたのは、揺るがない自信と、次に向かって進んでいく!という強い気持ちだ。

 ナンバリングライブでのAqoursのMCは今までは大人しめ、という控えめだったと思う。

 面白くなかったとかではなく、演者自信の気持ちが、どこかキャラに対して遠慮がちだったように感じていた。それが悪いことだとはもちろん思わない。ラブライブというコンテンツが、まずキャラクターありきなのは確かだし、演者の方々がキャラを大事にするからこそ、自分自身のエゴを控えめにしてキャラに徹する…とても真面目で真摯である。

 だが、である。

 思うに、自分はそれだけでは満足できていなかったのだ。ということを今回気付かされた。

 今回のMCには、今まで「キャラクターを立てなくては」という真摯な気持ちから控えていたor出てきていなかった演者自信の気持ちが、素直に出ていたように思う。それがすごく嬉しかったし印象に残ったのだ。

 思い返せばμ'sの最初のパフォーマンスを観た時がそうだった。

 自分のダンスを見ろ!と言わんばかりのPileのパフォーマンスを観た時、驚きと新鮮さを感じた。Pileの演じた西木野真姫にはダンスが上手いなどという要素はない。キャラを考えればそぐわないのかもしれないが、キャラと演者の個性がぶつかり合うようなパフォーマンスを、自分は最高に楽しみにしていたし、何が起こるかわからないライブを毎回ドキドキしながら観ていたのだ。

 そう、自分にとって、ラブライブのメンバーは、9人ではなく18人なのだ。演者とキャラの個性のぶつかり合い、化学反応によって生まれる予想外のライブパフォーマンス…それを楽しみにしていたのである。もちろんそういう個性はAqoursのみんなにもあり、砕けた雰囲気のファンミなどでは見せていたが、どうもナンバリングライブのような大舞台ではそれを抑えているように感じていたのだ。

 それが今回のMCでは、とうとう爆発したと思う。

 東京ドームで演じきったという自信からか、アニメでも描かれていない次へ自分たちは進んでいく!という強い気持ちからなのか、はたまた彼女たちのアイドルとしての成長が強い気持ちを生み出したのか…また東京ドームに戻ってくる、センターに立つ、新しい夢を追いかける、もっともっとAqoursのことを知ってもらう…彼女たちは、とうとう自分の気持ちを欲求を、この大舞台で素直に語れる強さと自信を手にしたのだと。

 その姿を、自分は観たかった。そして、そこから生み出されるキャラクターとの化学反応を、ファンとしてもっともっと観てみたい。

 しかし、しゅか…いや、ほんと凄い。正直、筋肉がどうのと言い出した時には「え、いや、いくらなんでもそのネタどう落とすのwww」と笑いながら思ったのだが、会話のテンポといいネタといい、周りの様子や雰囲気を即座に汲み取って乗っかって話を組み立てていく、あのノリは凄い。MCの安定感というか危なげなさは一番ではないだろうか。すわわも安定感はすごくあるのだが、しゅかはバランスの取り方と盛り上げ方がうますぎる。いやーしゅかは大物になるな。

 そして筋肉。いや、しゅか…正直、筋肉のことはずっと気になってたよ…というか、足とか上でとか首のあたりとか贅肉なさすぎなんだよ…細いよ…スポーツマン体系なんだよなぁ。ラスト方の肩ががっつり出ている衣装、ほんと、けしからん。やっぱしゅかは可愛いなぁ(しゅか推し)。

 

 2度目のアンコール(これ自体かなり珍しい、というか、Aqoursでは初めてでは)での演者の方の泣き顔はみな印象的だった。

 今日は泣かない、と言っていたあいなだがここに来ていつものズビズビ泣き。良き。あいなには申し訳ないが、あいなの泣き顔を観ないとライブって気がしない。というかむしろ心配になる。ので、なんか安心した。あいなはもっともっと泣いていい。

 ふりりんの静かな泣き方は、すごく慰めてあげたくなった。いつも明るく可愛い、そして愉快なふりりんだから、時々見せるすごく真剣な顔には素直な感情が出ている気がする。泣き顔もそうだ。ふりりんの泣き顔は素直に人の心を打つ。

 りきゃこの泣き顔は…大変申し訳ないのだが、なんか昭和アイドルが歯を食いしばって泣いているような印象を受けてしまうのだ。りきゃこ、いつも真剣だから…もっと素直に泣いていいんやで、と言いたくなってしまう。が、この緊張感の上で、あの高度なパフォーマンスを見せているのがりきゃことも言えるので、これでいいのだろう。

 きんちゃんは他の人のように涙は流していなかった(よね?)が、涙ぐんでいた。笑顔のようにも見える晴れ晴れしい涙ぐみ方だった。きんちゃんの持っている全体的にふわっとした柔らかで優しい雰囲気がそうさせているのだろう。その雰囲気をずっと大事にして欲しいと思う。

 あんちゃんは泣いてはいなかった。でも、不思議と全身からほとばしる気持ちが、素直な嬉しさを感じさせた。あんちゃんのこういう気持ちが周りに伝播するような雰囲気…オーラなのだろうか。これは素直にすごいと思う。これほどリーダーとしてオーラのある人を観たことがない。周囲や観ているものを気持ちでつなぐ強い力のようなものを感じる。あんちゃん、つよい(小並)。

 最高のライブにふさわしい、最後のサプライズだった。

 

 この記事も、そろそろ終わりである。

 Aqoursは次に進んでいく。まだどんな形になるのか、どんなパフォーマンスを見せてくれるのかはわからないが、新しい出発と、新しい夢や展望を感じさせてくれる、気持ちの迸るような素晴らしいライブであった。

 次も楽しみだ。