楽園追憶

日々のオタクコンテンツの感想や、昔のpcゲーについての思い出を書くブログ

良本「アジャイルサムライ」チームで何かを作っている人、アジャイル入門書としては最適!

 『アジャイルサムライ〜達人開発者への道』読んだ感想です。

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

アジャイルの最適な入門書

 とてもいい本でした。
 アジャイルをまったくしらない人の入門書としても丁寧に説明があるので分かりやすいし、アジャイル初心者(少しは知ってるけどあまり実践してない)にも、分かりやすい例えや手法が説明されていてよかったです。
 正直、物作りの現場って、あまりにも帰納的・経験則なチーム運営、マネジメントが多すぎる…
 もちろんそれはそれでいいところもあり、その現場に即した手法が発達することもままあって、日本人の職人的思考には非常にマッチするんだろうけど、開発効率という点が求められる現場では、あまりにも帰納的な手法は柔軟性にかけ、保守的で神格化され、特定個人のエゴの道具に成り下がることもあることを考えると、「手法」においても一般的・開放的な知識を取り入れつつ、より良い方向に変化することが求められると思う。
 アジャイル手法の考え方は、そのヒントになってくれると思うので、是非読んでほしいですね。
 もっと具体的な手法については「アジャイルな見積りと計画づくり」(これは本当にバイブルなんだけど、難易度がちょっと高い)のほうがいいですが、まずはこの本で学ぶのはいいのではないかと。

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

 「アート・オブ・アジャイルデベロップメント」も購入済みなんで早く読みたいけど、積み技術本多くてねぇ…
アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)

 こちらのリーン開発の本も、開発手法という面に新しい考え方を与えてくれる良本です。合わせて読むと尚いいと思う。
リーン開発の本質

リーン開発の本質

 あとは副読本としてこちら。「失敗の本質」。
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

 日本軍の失敗を細かに研究し、そこから失敗とは何か、何故失敗したのかをまとめ上げた素晴らしい本。
 これは副読本といわず、全サラリーマンに読んでほしいなぁ。ここでこの本を持ち出したのは、ここで解説されている数々の失敗が、アジャイルの考え方にいたる反面教師として非常にマッチすると思うから。
 未だに日本の会社というのは日本軍の(失敗の)伝統を連綿と受け継いでいる、というのがよくわかる…

 世の中、面白い本ばっかりで困ったもんだね。