楽園追憶

日々のオタクコンテンツの感想や、昔のpcゲーについての思い出を書くブログ

狼と香辛料6

狼と香辛料 (6) (電撃文庫)

狼と香辛料 (6) (電撃文庫)

 読了。
 相変わらず面白いけど、今回は間奏のようにストーリー進展としては谷間の回だった。それでもホロとロレンスのやりとりと、ちょっとした旅のハプニング&イベントだけで1冊作れるんだからたいしたもんだ。
 前回ある程度だされた二人の関係に、具体的な目標が決まり、たぶん次巻からラストに向かっての話がスタートしてくんだろう。
 どんな結末になるかも一つの見所になりそうだけど、「終わり」というカタストロフが示される作品って、それだけで面白さが増すよね。終わりに向かっての盛り上がり、だけでなく本当に終わるのか?という部分もストーリーのスパイスになるから。