楽園追憶

日々のオタクコンテンツの感想や、昔のpcゲーについての思い出を書くブログ

空の境界映画について


 なんだかんだといろいろ言われてますし、自分的にも「7部はねぇだろ、常識的に考えて」って感じではるんですが、出来については期待してます。

 まあ、TYPE-MOONアニメについては過去いろいろ痛い目にあってるわけですが、今回は大丈夫だろう、と。

 月姫アニメについては、まああからさまに月姫がブームだからアニメ化しました、って感じのタイミングだったし、今考えてみれば事前のニュースの内容から危険な臭いがぷんぷんしていたのを「アニメ化」に目がくらんで、見逃していただけというか。
 Fateアニメについては、個人的には退屈な作品だったけど、まああのくらいで妥当?
 ディーンだったし、そこまで過度の期待もしてなかった。Fateという物語の性質を考えると演出も普通というか…まあ、あれ以上弄るのは無理じゃないかな?Fate自体はアニメ向きだったかもしれないけど、そのままアニメ化すればあぁいう感じになる、ってのは想像の範囲内。

 けど今回は制作ユーフォーテーブルということで、クオリティと演出については(アニメーター不足でクオリティ低下とかがなければ)安心じゃないかと。
 事前に出ているPVについても、月姫のPVのように止め絵をそれっぽく見せるだけ、とか、そもそもキャラクターの設定とかわかってる?という点もない。まあ、大ファンを公言してるんだから、あたりまえっちゃあたりまえだけど。ともかく、非常に期待度の高いものになってます。コクトーまんま志貴、とかも「よくわかってらっしゃる!」と言いたい(褒めるのそこか?)

 らっきょの映像化は難しいんじゃね?という意見もあるけど、俺は逆。
 らっきょのイメージからすると、むしろ月姫Fateよりも楽なはず。まあ、一部難しそう(というか変態的)なところはあるけど、月姫Fateと違って、丁寧に描けば描くほど見栄えのするシーンが多いからねぇ。そこらへん、奈須きのこ氏の言う「私小説」的な部分がいい方向に働くはず。
 理由としては、前に「“おおきく振りかぶって”アニメは十分期待できる」ということを書いた(個人的には - 楽園追憶)時と、ほぼ同じ理由なんでここでは割愛。まあ、そのときはらっきょアニメ化蝶・不安!とかいってたわけですが、PVで評価ががらっと変わりました。

 ちなみにPVはこちら。
 劇場版 空の境界
 見てない人は見てみて。映像部分とか秀逸。

 というわけで、どなたか12月にいっしょにテアトル新宿の初演を見に行ってくれる(というか並んでくれる)人を募集しますが、いませんか?