楽園追憶

日々のオタクコンテンツの感想や、昔のpcゲーについての思い出を書くブログ

Game-ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃に礼

完了。 終わりの終わり。 選択された可能性と、選択されなかった可能性。 選択された結末と、選択されなかった結末。 「選択」という言葉に惑わされがちだけど、そもそも人の歩みには道などなく、ただ平面の茫漠たる“未知”だけが人にとっての“道”である。 そ…

ひぐらしのなく頃に解〜皆殺し編〜

ネタバレなし感想 うん、面白かった。 …いや、そうとしか。 ネタバレあり感想 前回の話があれだったので、今回が回答編であり、ループ存在の視点からの話になったのには違和感がなく。というか予想の範囲だったのですが、いわゆる“病原菌”の存在は、鬼隠しの…

「ひぐらしのなく頃に解〜罪滅し編〜」読了

面白かった。ネタバレになるのであまり深くは書きませんが、いろいろと謎だった部分が読み解けるネタが出てきましたね。 あと、今回初めて出てきた重要な要素として「あるルートが別のルートに影響を与える」というのが出てきて、惨劇の回避へ向かう重要なフ…

ひぐらしのなく頃に解 目明し編 感想

ひぐらしのなく頃に解“目明し編”のネタバレあり ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓コミケでは買い逃したのですが、知り合いで余分に買っていた方がいたので譲ってもらってプレイ。 貪るようにプレイしました。 まず、感想。 凄い。 この一言に尽き…

綿流しの日に起こる殺人

棉流しの日には、“祟り”によって人が死に、“鬼隠し”によって人がいなくなる。 しかし本当に祟りや鬼隠しなのだろうか? まあ本当のところはどうなのかはわからない。が、少なくとも祟りや鬼隠しであるという間違えようのない証拠でもなければ、祟りや鬼隠し…

今日も「ひぐらしのなく頃に」妄想考察! ネタバレありありなのでご

昨日は書き忘れましたが、一応ここでやっている「ひぐらしのなく頃に」についての考察のスタンスを。 実はあんまりまじめに推理とかやるつもりはありません。 やりたいのは「ひぐらしのなく頃に」を使って、ただひたすら遊ぼうということ。 なので、自分で書…

「ひぐらしのなく頃に」妄想メモ

思いっきり「ひぐらしのなく頃に」のネタバレありますのでお気を付けを!! ひぐらしの推理なんですが、いろいろ考えていたらなんかこんがらがってきちゃったんで、ちょっとまとめるために気になる点のみのメモを。 少しづつ書いていこうと思いますが、どう…

「ひぐらしのなく頃に」祟殺し編しゅうりょー

というわけで、祟殺し編終了! さ、紗都子〜ぉぉぉ! もうこういう不幸キャラにひたすら弱い自分…… なんとか彼女を幸せにできんもんかのー! と、脊椎反射的感想はこのくらいで。 感想自体は4編終了後にまとめて書くつもりですが、あいかわらず面白かったで…

「ひぐらしのなく頃に」の作中の推理ゲーム

さて、ひぐらしのなく頃にプレイ中です。 もう、面白くて恐くて、クリックが止まりません。ヒー 感想などは、全編終了してから書きたいと思いますが、今日は作中に出てきた推理ゲームについてなんですが……あれって、CLUEですよね? まあ、CLUEのルールはもう…